RESONANCE cafe

山崎美弥子展 “KOKI’O KEA”

山崎美弥子展 “KOKI’O KEA”

山崎美弥子展 “KOKI’O KEA”

レゾナンスCafe Vol.050「モロカイの風・きらめくいのちの風景」でお話しいただいたモロカイ島在住のアーティスト山崎美弥子さんが、2022年9月9日よりワコールスタディホール京都で1年ぶりの個展を開きます。

幼い頃にしたという愛についての神秘体験を、アートに昇華させている美弥子さん。「Night Rainbow」のときと同じ、海と水平線の絵のほかに、最新作「KOKI’O KEA」が展示されます。「KOKI’O KEA」はハワイ語で、白いハイビスカスのこと。

1,000年後の温かい愛に溢れた世界を描き続けている美弥子さんの作品にぜひ触れてみてください。

以下は美弥子さんがこの展覧会に寄せたメッセージです。

今日という日は未来の一番初めの日。祝福の日。美しきこの古都で、四角いカンバスという窓枠の向こうに横わたる1000年後の未来の風景にかさねて。……そう、未来は記憶の中にある。

あまたの空たちは、わたしたちの存在の本質が、常に無限なる広がりへの可能性を秘めていることに気づかせる、未だ柔らかい「蕾」。そして同時に描かれた、果てしない海たちは、切ないほどに愛しい故郷、この惑星のいとなみ、古(いにしえ)より、一度たりとて止むことなく繰り返されてきた、潮の満ち引き、終わり無き、脈々とした生の連なりを、わたしたちに感じさせてくれる無音の「歌」。…寄せては返し、寄せては返し、まるで今、あなたの耳たぶに触れて、あたかもリアルにそのメロディが聴こえて来るかのように。
その歌を聴くのはコキオケア(純白のハイビスカス)。その蕾は優雅に膨らみ。真夜中に、人知れず、ほころび咲く時のような神聖さに満ちて。

山崎美弥子 2022

展覧会概要
会 期:2022年9月9日(金)〜9月25日(日)
     月曜~金曜 10:00〜20:00
     土曜・日曜・祝日 10:00~17:30
     ※初日(9/9)のみ10:00〜17:00<会期中無休、全17日間>
会 場 :
   ・ワコールスタディホール京都 ギャラリー
     京都府京都市南区西九条北ノ内町6 ワコール新京都ビル 1階 アクセス 
   ・京の温所 御幸町夷川  ※宿泊のお客様限定でご覧いただけます
     京都市中京区御幸町通夷川上る松本町574
   ・京の温所 麩屋町二条  ※宿泊のお客様限定でご覧いただけます
     京都府京都市中京区麩屋町二条上る布袋屋町502
内 容:山崎美弥子の絵画作品 約100点の展示および販売、グッズの販売
入場料:無料
主催:株式会社ワコール
協力:株式会社トゥッティフルッティ

ワコールスタディホール京都のサイト内にある展覧会の案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です