RESONANCE cafe

レゾナンスCafe Vol.047「バリ島の今〜スカラとニスカラ」

レゾナンスCafe Vol.047「バリ島の今〜スカラとニスカラ」

レゾナンスCafe Vol.047「バリ島の今〜スカラとニスカラ」

バリ島は島全体がさながら別天地のようです。
リゾート地として作られていない田舎の道を走っていても、なぜか心が和みます。
それはいったいなぜでしょう?
スカラとニスカラとは「見えるものと見えないもの」という意味です。
バリ島では「見えないもの」も大切にしています。
そのことが見えるものにも影響を与えているのかもしれません。
つなぶちようじさんは1999年から十数回、バリ島のニュピというお祭りに行っています。
その日、ウブドの王族であるアナック・アグン・グデ・ラーマ・ダレムさん(以下アグン・ラーマさん)とⅠ日半(36時間)、断食断眠瞑想をします。
つなぶちさんには日本人として理解したこと、ラーマさんにはバリ人として受け継いできたことについて話してもらいます。
さらに、コロナの影響で観光客の来なくなった現在のバリ島の状況から何が見えるのか、アグン・ラーマさんに語ってもらいます。

アナック・アグン・グデ・ラーマ・ダレム
1959年生まれ。プリカレラン王家当主。
アナック・アグン・グデ・ングラ・マンダラ翁の孫。
マンダラ翁はガムラン楽団「グヌン・サリ」を率いて1931年パリ植民地博覧会にて、はじめてバリ島以外でガムランを演奏し、ヨーロッパで熱狂的なブームを巻き起こした。
プリカレラン家については1990年に出版された『踊る島バリ』に詳しく書かれている。
その本でアグン・ラーマさんもインタビューを受けている。
バリ島ウダヤナ大学で土木工学を専攻。
東京の建築設計事務所に数年勤務した。
バリ島の薬草学・法律学も修め、バリ島に伝授されている智慧を受け継いでいる。

つなぶちようじ
1961年東京生まれ。
直木賞作家・綱淵謙錠の次男。
早稲田大学理工学部資源工学科卒。
1986年から五年間電通勤務。
1992年からライターとなる。
1999年から十数回、バリ島ニュピに通う。
著書
『胎内記憶』 ダイヤモンド社 七田眞氏との共著
『ヒーリング・ライティング』 VOICE
『あなた自身のストーリーを書く』 主婦の友

日時:2021年5月12日(水)19:45〜
会場:ZOOM利用
    URLはお申し込みの方にお伝えします。
スケジュール
 19:45 開場〜ご歓談
 20:00 アグン・ラーマさんとつなぶちようじさんによる対話。
 21:00 ご歓談
 22:00 閉会
会費:2,000円(お支払い方法はお申し込みの際にメールでお伝えします)
お断り :
 ZOOMの内容を後日映像アーカイブで見られるようにいたします。
 それを見られるのは参加者の皆さんと、
 当日は参加できないけど
 どうしても見たいとお申し込み(参加費と同額)になった方のみとします。
 参加者の方で、もしアーカイブにお顔を出したくないときは、
 ZOOMのカメラをオフにして下さい。
 カメラがオフだと名前もアイコンも表示されないように設定しておきます。
 当日参加はしないけど閲覧権を買いたいという方は
 ZOOM開始の時間までに、参加お申し込み用メールフォームから
 「レゾナンスCafe Vol.047映像アーカイブ閲覧希望」
 と書いてお申し込み下さい。
 その返信にお申し込み方法をお伝えします。
お申込:こちらのメールフォームからお願いします。
 http://www.houshouakira.com/modules/mailform/index.php?controller=form&id=3

2 thoughts on “レゾナンスCafe Vol.047「バリ島の今〜スカラとニスカラ」

  1. 井上美須加

    クララ様
    このような貴重なお話を伺える機会を
    オンラインで頂けますこと、ありがとうございます!

    はじめてのレゾナンスCafe、楽しみに
    お申込みさせて頂きます。

    井上美須加

    1. 望月クララ

      井上美須加さま

      美須加ちゃん
      こちらにコメントいただいていたのに、1ヶ月以上も気が付かず、大変失礼してしまいました。m(_ _)m
      改めまして、レゾナンスCafeにご参加ありがとうございました!
      その後はいかがお過ごしでしょうか?
      ラーマさんに教えてもらった木曜の瞑想、私は毎週欠かさず行ってみています。
      目に見えない繋がりが、より信頼できてゆくようにならばいいなと思っています。
      またオンラインでもリアルでもお目にかかれますように。
      ありがとうございました♡
      クララより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です